MRを活用した3DCG重畳表示による設計・現場支援ツール

『iVoRi XR』

(アイヴォリィ エックスアール)

既存の3DCGデータを現場で取り出し、実際の作業空間に重畳表示することができます。3DCGデータを設置したレイアウトデータも簡単に保存することが可能です。設備にマニュアルや気になる場所に付箋データを設置することもできます。設計や設置確認、メンテンナンス等、様々な用途でご利用可能です。

【フェーズごとのユースケース】

(設計フェーズ)


現場でのレイアウト確認

(建設・製造フェーズ)


現場での完成データ・接触確認

(メンテナンスフェーズ)


現場での申し送りやマニュアル表示

【iVoRiXRの特徴】

現場で事前に作成した3DCGデータを簡単に重畳表示


CAD等で作成したデータをFBXやOBJファイルにし、実際の現場で大きさや他の設備との干渉を確認することが可能です。

平面表示で3DCGの配置調整のわずらわしさを解決


AR表示だけでは奥行き感が分からずレイアウトが難しいのですが、平面表示でスムーズにレイアウトができます。

現場で写真撮影、マニュアルや申し送りを簡単作成


設備の前から撮影することで自動で付箋が配置されます。その場で撮影した写真とテキストを入力すれば作成完了です。

マニュアル・申し送りは付箋として自動配置


付箋は撮影場所と方向を自動で設定。作業者は、どこから、どの場所を見て作成した付箋なのかを瞬時に把握できます。

【対応端末】

iPad

iPad Pro

【価格

・アプリケーションミニマム利用ライセンス費用: 100万円(税別)

・アプリケーション利用ライセンス費用: 400万円(税別)


※機材費用は別途となります。

※その他、保守費用として年間10万円(税別)~が必要となります。

下部のメールアイコンをクリックし、お問い合わせいただけますと幸いです。